スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

0130_flyer_comp.jpg


これ、観てきました


仕事が思いの他ヒマだったので、さっさか上がり、予想より早く6時に渋谷に到着
開演まで時間有るしとユニオンに寄ったら、ナンテコッタイ、5枚で¥1,000オフという罠が…
ホイホイ引っかかり、きっちり10枚購入
サイクロンに着いたら丁度最初のバンドがスタートした所でした


2曲目の頭で、やっぱ好みじゃないなあ…と感じたので、ごめんなさいと思いつつハコを抜けてwarsawレコードへ
50%オフのCD棚を漁るも、全然分からないバンドだらけ、そりゃそうね
好きなバンドのシングルとテキトーに一枚、火傷しない程度の散財してきました


まだ時間があると思ったので、その脚でRAGTAGへ
10分後、何故かカバン買ってました
やっぱ肩掛けカバンには弱い私
安かったからって、なに火傷してるんや…アホや…


で、戻ったら丁度二つ目のバンドがスタート
京都からいらっしゃってくれたようでしたが、これも何かピンと来ず
5分後には座って寝てました、ごめんなさい…
あと、寝ぼけてお酒こぼしました、ドバカ…


転換中に、横に居た人に「すみませんココバットってもうやりました?」と話し掛けられ
そこからささやかに会話してみるなどしてました



で、ようやくお目当てのSajjanu

「今日はぬいとの最後らしいので、気合入ってます、7万曲くらいやります」
というMCから、一気にフルスロットル!
ギター×2、ドラムのスリーピース編成の、奇天烈ドキチガイなインスト地獄!

曲展開が、リフの応酬というより、一つのフレーズ、キメを、変拍子とかいうレベルじゃなく、本能のままに只管コラージュしていく様
全員のテクニックが異常なレベルで、早弾きリフをノンストップで矢継ぎ早に繰り出したり、パーカスのように叩く等は当たり前
ネックを喉に押し当てて、意味不明なスキャットまがいを弦振動でピックアップに拾わせたのには、思わず吹き出してしまいました
ピックアップに向かって歌うとかはSigur rosのヨンシーがやってたりで知ってたけど、こんなことも出来るんか…

何と言うか、こういう音楽だと多種多様なエフェクターを使うバンドが多いですが、さっじゃぬはエフェクターに頼り切らないんですよね
頻繁に使うのは歪みとワウ程度、たまにディレイやフェイザーもかましてましたが、それも一部の効果音的な感じに使う場合が多く、大体はギターをああだこうだ弄って、様々な音を出してました、すげえ

今回も本当に気合が入ってて、尋常じゃないテンションで尋常じゃない曲をノンストップで3~40分演奏するとか、本当にありえない…
何度も興奮で震える、最高のライブでした
ぬるいバンドマンは、見たら死ぬかもしれないので気をつけましょう

SajjanuのMySpace

PECHIKU!!PECHIKU!!
(2009/11/30)
sajjanu(サッジャヌ)

商品詳細を見る


終演後、物販でTZADIKから出たCDを当然購入



次はまさかのCOCOBAT
音作りや演奏は流石の一言
タケシットのベースも生で聴けて良かったなあ、バンドで埋もれないけど、バッキバキな音に感嘆
そこまでファンではないから有名曲しか知らないのに加えて、ノリが大体一緒なので、個人的に後半ちょっとダレましたが、カッコいいライブでした


最後にもう一つの目玉のnuito



前回のTera Melosとのツアーのときは仕事帰りに駆けつけたものの間に合わず、5分しか観れなかったので、リベンジ!

ただ、今回のライブ、偉そうなこと言って申し訳ありませんが、ちょっと今一つでした
nuitoも超絶技巧なコンテンポラリでマスでプログレッシヴなインストバンドなんですが、ライブでやるには複雑で精密に組み立てられすぎた楽曲なので、粗が出ると直ぐに目立ってしまうんです

で、何が気になったかというと、音のバランス、特にギターのエフェクト時の音量のバラつきが有ったんじゃないかなと感じました
以前観た時よりも、ギターのエフェクトが増えてるみたいで、それも相まってか、特に耳についてしまいました
Tera Melosとのツアーの影響からかな?フィルター系のエフェクトが特に増えてきてた様な

途中で聴く場所変えてもしっくり来ず。これはハコのPAの問題なのか、はたまた試行錯誤中なのか…
もちろん、上手く作用してた箇所は掛け値なしにカッコ良かったのは流石
でも何より、あの研ぎ澄まされたガラスのようなテレキャスの音が聴きたかったなあ…
今まで、生で聴いてきたテレキャスの中で、抜群に美しい音なのです、ひらう氏のテレキャスター

それで今回特に感じたのは、ライブではリズム体、特にベースが半端無いなあと
V-BASSで、とても丁寧に音作りされてたので、ベース音が良く抜けてきてた上、ハンマリングやタッピング、色んなハーモニクス奏法の音の粒が綺麗に揃ってるんですよ!
あんなに複雑怪奇な展開で動きまくる運指なのに!

音作りは気になりましたが、その分テンションは高めで、静と動とを巧みに演出しておきながら、一気に突き抜けたライブでした
本人曰く予定調和のアンコールで、ファストバラードをぶちかまして終了
何だかんだいっても、やっぱり痺れるライブでした

nuitoのMySpace

UnutellaUnutella
(2009/05/13)
nuito

商品詳細を見る


さっじゃぬとぬいとは、東西の複雑怪奇に狂ったインディーバンドの二大双璧なので、CD出たりのsajjanuの躍進は非常に嬉しいけど、nuitoの活動休止は本当に、本当に残念
THE END OF NUITOというタイトルなので最後か…とガッカリしてた所、物販でバッヂ買った時にひらう氏とちょこっと話したら「まだやります東京きます」と言ってくれました
信じて待ってます
スポンサーサイト

2010-01-31 : LIVE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

46252

Author:46252
about me

46252's Profile Page






ランキングチェッカー

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。