スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

宮沢正一&ザ・ラビッツ・トリビュートイベント

年始なので毎年恒例の『今年は出来る限り備忘録として日記や記事を書こう!』の気持ちをもって記事を書くことにしました

という事でザ・ラビッツのトリビュートイベントに行ってきました

201112-24-49-e0248649_65857100.jpg

ザ・ラビッツというのは私が最も敬愛する日本のロックバンドの一つで
乱暴に言うとヘヴィなサイケパンクで、数年前に知ってからラビッツの、特にバンマスの宮沢正一の言葉が、声が、私の根っこにブスリと刺さって抜けなくなった位愛しているのです

今回はその宮沢正一のトリビュートCDのが出て、しかもイベント2daysやると聞いて、んなバカなと思ったが本当でして、発表されたメンツと未発表音源に釣られて二日間出向いてきたのです


詳細は以下の通り、全組初見でした

1/14
割礼
インキャパシタンツ
TOKYO HEROES
テキサコレザーマン
SPEARMEN
悲鳴(from 茨城)
O,A:ビル

1/15 
遠藤ミチロウ
Kito-mizukumi rouber
After The Sludge
シベールの日曜日
Austur lond & THE PATROL
ECD

両日ともライティングVJ:MIYUKI (liquidbiupil/OHPIA)


場所は高円寺HIGHで、去年始めて足を運んだこの箱は電波も入るしフロアは禁煙なのが少し痛いが、中々綺麗で併設のスペースではゆったりと出来、ビールはプレミアムモルツの生なのが良いところ
良し悪しはそこまで分からないが音も中々良いのではないかと


特に気に入ったのだけ簡単に感想を述べると
インキャパはようやく観れたという感じで、全身で浴びるノイズの気持ち良さは凄く、自然と身体が動かされました
ステージ上のお二方のノイズに没頭し痙攣する姿もカッコイイ…



割礼もゆったりとしたサイケロックで非常に気持ちが良かった
宍戸さんの鐘の音のようなギターにスロウな歌が心地良かったです
余談ですが、トリビュート盤の割礼の『キリストは馬小屋で生まれた』のカバーは曲目が出た時点で絶対に合うだろうなと思ってて、予想以上の出来でしたしライブでも非常に良かったです



この日は偶然大学時代お世話になった教授に遭遇して、その繋がりの同じ大学だった方とアレコレ話したりしました
音楽に相当詳しいのでいつかじっくり話してみたいですね


終演後はルームシェアしてる後輩らの家に遊びに高円寺から40分ほど歩く
朝方までクソみたいな会話をして大学時代に戻ったような気分
しかしやはり将来の事を話したりと真剣20代半ばしゃべり場!みたいになってしまうのは回避しようがないですね


翌日の昼過ぎに起き、うだうだしてから国分寺へ
mograg garageというアートスペースにヨシカワショウゴの個展を見に行きました
ゆるゆるでキモかわいいキャラの絵をよく描かれる方なのですが、今回は
『一人ノイズグラインドコアプロジェクト『cavilll』を開始。
それに伴い、音楽同様にドス黒くアドレナリン全開の極悪点描画もcavilll名義として活動再開。』
ということらしく、虐殺がテーマらしい点描で描かれたドス黒い作品が並んでいて、それでもどこか馴染みな感覚があるなんというか、キッチュな感じでとても良かった
ご本人も在廊しておられたんだけど上手く喋れませんでした
cavilllの音源を購入、Tシャツ+本も気になったが荷物的にキツイのと通販をやってると聞いたので買うつもりなのです
ヨシカワさんのデザイン本当に好きなのです…


そして高円寺へ行き、円盤で時間を潰してイベント二日目

この日はAFTER THE SLUDGEがもう凄まじかった…
元々は80年代に活動してたスラッヂというバンドで、数年前に後期ライブ音源がまさかのCD化し、それがきっかけで復活したのがアフターザスラッヂというバンドなのです
スラッヂのCDは何かで知って聴いたら尖ってた頃のフリクションを荒く狂わせたようなすごい音にぶっ飛ばされまして、当時もの凄いギターを弾いていた片岡理さんは惜しくも亡くなられてしまったのですが、今ギターを弾いているのがあのヤマジカズヒデ氏なのです(スラッヂの大ファンだったらしいです)

失礼ながらどこか昔のバンドだという気持ちが私の中にあったとは思うのですが、これが本当に甘かったです。もうすごいのなんの
リズム体がどっしりと硬く結びついていて、その上で勢いのあるギターと合わさってVoのスガワラ氏がステージ上を徘徊しながらグワー!とがなりあげ、ここまで破壊力があるとは思ってもなかったです
特にギターのヤマジ氏はあの端正なカッティングはやっぱすげーなーと思ってたら終盤に暴走寸前まで暴れてて、dipのライブは1度しか観ていないのですがこんな姿見れると思ってなかったです

終演後にベースのカタヤマ氏が言っていた「轟音ソロ時代から宮沢さんのファンです。宮沢正一聴いてない方は人中間を聴いてトラウマ作ってください」という言葉が本当に好きですね…

ちょっとした縁があってスガワラさんともちょろっと話せて嬉しかったです



トリの遠藤ミチロウは、上京して35年で初めて風邪引いたと言っており、曲間でちょっと辛そうな姿を見せていたものの、それでもあのエネルギーは何なんだろう、すげえ
ミチロウさんの宮沢さんとの思い出話は忘れないようにメモしておきます
大学時代に上京してからの仲で、宮沢さんは年が2個下らしいんだけどミチロウさんは2留してたらしく、同じアパートに(違う部屋)住んでて仲良くしていた。その内ミチロウさんはスターリンを、宮沢さんはラビッツを始めたと
アンコールに「宮沢くんは滅多に人を褒めないんだけど、唯一良い曲だねって言ってくれた曲をやります」と言って始まった曲は「月蝕」というらしいです



そんな感じで二日間楽しんできました
皆様、ザ・ラビッツを、宮沢正一を聴きましょう




スポンサーサイト

2012-01-16 : LIVE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

46252

Author:46252
about me

46252's Profile Page






ランキングチェッカー

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。