スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2011 BEST SONG 20

ということで今年のベストソング20です

この後の2011年ベストディスク10選に入ってる曲は省きました
ちょっと前に上げたボカロベスト10の曲も省きました
わりと結構自由に選んでます
お前細かく分けすぎなんじゃねえの?
すまんな、今年は聴く時間がいっぱいあったんだhahaha

------------------------------------


COMPETOR - Plan 0 From Outer Space
どこか無邪気な音や機械的な様でそうではない音の配置のミニマルさがとっても快楽的
何かというと宇宙を漂っているような感覚がしてとても良かったです
GINGAの01と02ではこればっか聴いてますすみません…03もさっさと買わな

これの一曲目




sasaqi×competor - 0から12
恐らく今年のBEST SONG
らなもさんのあの抽象的なストーリーを々さんの世界で音像化されてて、本当にぶっとんだ…々さんの世界好きです
この曲以外にも沢山のいい曲面白い絵が沢山あり病院アンソロはとても良い企画でした

15秒ほどの視聴のみですが




コロイド - 扁桃腺が痛いよ
内省的っていいよね…
どしゃぶりの後悔に浸る曲だと思う
この方この曲しか上げてないのですが、この一曲だけでぐわっと掴まれました




きくお - ごめんね ごめんね
きくおさんのアルバムはベストディスクに挙げるんですが、この曲は入ってないので入れました。だって凄いんだもん…
ダブステのお下品なワブルペースとアコーディオンの郷愁的な音にどうしようもない女の子を化学反応させてこねくり回してポップスに仕立てるとかやばい





やくしまるえつこメトロオーケストラ - ノルニル
ピンドラのOP何度も見てるうちにリズム体のキレが異様に良くて調べたらナスノミツルに植村昌弘らしく吹きました
ポップスにしては長めの7分だけどオーケストラの壮大なバックや各パートの小技、転調などで最後まで中身たっぷりで全く飽きないですね…

公式のPVで2version作るならどっちかはフルにしろや




ClariS - コネクト
まどかは今年一番良かったアニメだったのでコネクトは今年一番聴いたよ?当たり前じゃん!!11!11!!111!11!1
アニソンはアニメ補正がついてナンボだろうが!11!11!!1!!1!!!1!!!
10話で歌詞に肉付いて最終話でまた違った表情見せてくれるところとか好きよ





オワリカラ - swing
勢いの有る曲ってこういうことだと思うんだ…
熱を帯びた各パートの動きもぶつかってまとまって登り上がるような具合でとても良いし、なによりボーカルの歌の見栄の切り方がかっけーんすよ





ミックスモダン - ブロークンハッピーエンド
このクサい展開とメロディいいよね…
ちょこっとヒネてるところがまた…いいんだ…




深水チエ - Nostalgic Fabric
磨かれたガラスのような透明だけど艶のある、声が…いいんですよね…
浮遊感のある曲かと思いきやサビでぐっと掴み寄せられるところに鳥肌立ちました
特設ページで視聴ができます



af09 - あなたのその耳には
どこか胸がざわめく感じのバックにボーカロイドの不安定な歌が乗ってくるのですが、このちょっとした歪み具合がとても好きで、そこから後半の盛り上がりに向かってどんどん整っていく美しさとか…素晴らしいです
いっこ前の記事の今年のボーカロイドベスト10でも選んであるので要チェケです






LAMA - Fantasy (The Room ver)
ナカコーとミキちゃんの声の絡みはスーパーカー好きには無条件降伏するんですが
ピアノと弦楽とグリッチが淡々と絡みあっていく様がとても優美でいいですね
UN-GO?因果ちゃんkawaii!!って風守ちゃんもっともっとkawaii!!!!坂口安吾殆ど関係ないやないか…でも良かったよ…

このEDいいよね…




やくしまるえつこメトロオーケストラ - 少年よ我に帰れ
ノルニルとはメンツが違うけどこっちも物凄く豪華で金かかってんなーすげえ!
ノルニルと大まかな基本構造は一緒だけども上昇というかプラスのベクトルに進むイメージがありますね、この2曲だけでベストディスク入れるかめっちゃ迷った…
アニメも畳み方がとても見事だったし非常に素晴らしかったですね

だからショートバージョンとか作ってるんじゃねえって



k_zero+A - 頭の中のSzkieletor
要所で弾ける変拍子にクスリとさせられる言葉遊びとかそれらがポップスとして流暢に纏め上げられてて、いい…
仕掛けにきれいに引っかかりましたねーこれ




816 - この世界に花をうえて
メロディがとても良いこういうストレートなロックチューンいいなあ…
自分にとってこういう曲はチャートで上位になってる像しか浮かんでこない
蛇足ですが名前が数字のみっていうのはとてもいいね!いいよね数字大好きさ!




Kohhan Ohtake - Emperor's Socks
そろそろexマヒルノってのは要らなそうなsajjanu,LAGITAGIDAのギターの大竹康範さんのソロ曲
この方のセンスはやっぱ好きだなーギターも音色フレーズ共に聴いたら分かる個性と魅力を持ってるし、なによりこの方の音楽にはエンターテイメントさが自然に組み込まれてるのがとても良い
天皇陛下バンザーイヾ(^ヮ^)ノ゙
Emperor's Socks by Kohhan Ohtake



daluy - まよいの森のまいごの村 -Woods-
曲名通りの迷路song、ごく一部のなマインクラフターにとってはトラウマソングかもしれないですが
だるいさんはホント名前をつけるのが上手いです
何かスーファミ~プレステのゲームに入ってそうなところがいいんですよね…

1:20~



杜夢 a.k.a. 惑星P - GO!GO! MANIAC(放課後ディスコremix)
ネットレーベル周辺を中心としたアニソンリミックス、アニメサンプリング文化は面白いですね、特にこの曲がなんか好きでよく聴いてました
けいおん!!見てないからか原曲のバンドサウンドっぽい何かよりこういうノリの良い打ち込みがバックのがボーカルに合ってるイメージになったヨ
ネットレーベルのURL貼ろうと思ったら消えてました。権利関係でアウトだったのかな?



空色絵本 - 光害の夜
重みのあるアンビエンスなギターと揺れるメロトロンのシンセが合わさった物悲しい荒廃とした世界に、ひっそりと響く落ち着いた歌声がね…とても良いですね…
余計なものがないよなあこの曲は
公式HPの幾星霜のCDから視聴出来ますね



Kalafina - Magia
「え!?マミさんが首ちょんぱに!?やっぱちだまりった!」と朝職場について一服してる時にネタバレくらったのが懐かしいですね。このころまだ働いてたんですよhahaha
アルバムが今までのよりちょっと弱かったんですが、この曲はやっぱ重苦しさをKalafinaの艶っぽさや迫力で纏め上げた素晴らしい一曲でしたね
あと、あのまどかのEDの映像が離れん





光凪由衣 - ケミカル・マジカル・クッキング
オチ
ダ二メの、中途半端なキャラの、キャラソンのカップリングの…という状況がケミカルに反応したヤクい一曲
ゴルゴンゾー





------------------------------------

以上です

こうして選んだの羅列して見えてきたのはアニソンとネットを中心とした同人音楽などのインディペンデントなものが多いことで、その特徴は個性が強いこと
って「アニソンは話題になったアニメのでオシャレなのばっかじゃねえか!」
と突っ込まれたらヒイィそうですポーザーですみませんと謝るしか無いですが
まあやくしまるえつこが参加してるおしゃれアニメ好きなんだろ?とか言われても「荒川~は好きじゃないもん!」とか言い訳もせずに馬鹿にされてもいいやって開き直れる位やくしまるえつこメトロオーケストラにははまりましたが

で、この曲単体のベストだと顕著なんですが特に灰汁が強いものが多い様子
単に音楽ある程度音楽聴いてると大衆に向けて綺麗に整えられたものに飽きてしまうっていう感じのサムシングだと思うんですね
ただ、ある程度の自分の好みに基づいて選択してる感覚はあって、マイナーなもの聴いてるんだぜって言う過剰な選民的自意識は自分にはもう無いと思うんだけど
ここの『変な物マイナーな物が好きな自分』という自意識が完全に根付いてしまったのではないかという疑念はありますね
嘘が誠にじゃないけど

そういう種の自意識は青臭さというか若さゆえの過ち的な『くだらない恥ずべきもの』な感覚なんだけども
もしそうだとして、この場合その自意識はどうなるのだろう
人とはちょっと違うものが好きになりたい気持ちが自分の好みと癒着してしまったとしたら
果たしてその過程を経た今のこの趣向は恥ずべきものなのでしょうか

とか思ったりもしますが、まあそれは殆ど無いだろうと
そんな見えない敵に向かっての自己顕示なんかしてる暇はね、もうないよ
ネットであれもこれも聴けるんだから、そんなことに使ってる時間はない
そういう自分をアピール手段にも飽きてるだろうし


ただ自戒というかそこを忘れないようにはしたいですね
他人へ向けてのそういう自己アピールに音楽は最適すぎるので
自分語りの為だけに、音楽じゃなくてもいい部分だけを消費してしまいがちになるし
かといってその面を過剰に否定してしまうと楽しみも一緒に薄れていってしまう


などと言いつつ、これって『私の選んだのには大衆性はない』と言ってることと同じになってしまうので
作者さんには失礼な内容かもしれないんですけども

まあ客観的に見て大半はそうだと思うんですが
これらの魅力をしっかり広げられたならばもっと多くの人達に聴かれて愛される可能性、『今の時代だと陽の当たらない大衆性』は必ずあるだろうと、全ての曲に対してではないにしろ、私はそうとしか思えないんですね
多様な音楽に簡単に触れることが容易になってる一方、情報源が分散したために昔のように一極集中の結果の大規模なメディアの役割を果たしている媒体が存在しなくなってしまってて
少し前ならラジオとかテレビでうっかり流れて一時的とは言えうっかり大人気になってしまったりする可能性が有ったんですけどねえ、簡単にいえばたまみたいな


それに自分は素晴らしいと感じているので
自分にメディア力みたいなモノがついてあれこれ喧伝したら反応返ってきたりしたら面白いのになー
とか未だに少し思ったりもしてるねえ!
ゆーめー
まあそれはいいや


改めて見ると全部日本人じゃねーか!
ほとんど同人ボカロアニソンじゃねーか!
部屋から出ろ!11!!11!

あ、ニコニコに上げてるPは出来ればつべにも上げて欲しいなーなんて
漏れ無く転載されてるし、もったいない
つべもちょっと重くなってきたけども


そんな感じですね
近々ディスクの方のベスト10もあげますので宜しく
ぁ…次はアルバムレビューだ…レビューが…読む価値のある文章が書けねえよぉ…!
権力欲しいとか言ってるくせにそんなんだからなにもかもダメなんだ!
バカめ!

スポンサーサイト

2011-12-26 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

46252

Author:46252
about me

46252's Profile Page






ランキングチェッカー

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。