スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

FUJI ROCK FESTIVAL '11に行ってきました 三日目

FUJI ROCK FESTIVAL '11に行ってきました 三日目


三日目は予報で天気が回復して曇りのち晴れと出てたので期待してたんですが、目を覚ましたら今回一番の豪雨でそりゃねえよ。と思いましたがすぐに上がりましたし、結果的にこの日は一番天気がマシでしたね、夕方からの冷え込みは一番で多少寒かったですが

----------------------------------------------

この日はお目当てが多数あったので楽しみだったんですが、取り敢えず朝一はホワイトでアメリカの新人シューゲのリンゴデススター



ちょっと前にニューゲイザーとかシューゲイザーリヴァイバルとか呼ばれてるバンドは何かエモっぽいというか青さがない感じがして良くも悪くも別物感してたんですが、こいつらはジザメリとマイブラとライドを合わせましたって感じの90年代のシューゲ感がもう丸出し
日本語でMCして照れたりキャッキャと写真撮影したりと楽しそうなところや若々しさもなんか憎めない
シューゲバンドってライブだと音が大人しかったりクソしょぼかったりして気が抜けるの多いんですが、シューゲといったらジャズマスだろ!っていうトコやアルバムで出てた音をいい具合に荒々しくさせた出音は良かった。けどもっと音量デカくしてほしいねー
本当はハンバートハンバートも観たくて途中で抜けようか迷ったんですが、ベース/ギターの女の子がミニのワンピでフィードバック起こしにアンプにギター向けてしゃがんだ時にパンツ見えたので最後まで観ることにしました。遠目からなのでよく分からなかったけど黒の見せパンっぽかったしあれ絶対わざとだ、あざとい。喜んで引っかかるわ

----------------------------------------------

リンゴの終わりから通り雨来てたけどよなよなエール飲んでたらトクマルシューゴ始まる頃には止んでちょっと陽が指してきたりして絶好のロケーション



ステージ上には7人いて、鉄琴、トイピアノ、ウクレレ、アコーディオン等、おもちゃ箱をひっくり返す系のアコースティックな楽器を皆ころころと持ち替えてアルバムの印象をなぞらう様に鮮やかかつ軽やかなライブで楽しいのなんの
アコースティックの細かい音がちょっと拾いきれてなかったり音のバランスが気になったりはまあ野外ステージだし仕方ないんですが、曲の浮遊感や開放感がいい具合に作用してあんま気にならなかったですね
トクマルシューゴちょい複雑なフレーズ弾きながらも結構しっかり歌えててびっくり、フルアコいい音してました。加えてドラムの岸田佳也の叩きっぷりが非常に良くてリズム体もしっかりしてまして、ライブバンドとしての地力も感じさせられてよかったです、また観たい

----------------------------------------------

その後、グリーンでTHE KILLS、レッドでWARPAINTをチラ見


キルズは昼間にあんなでかいステージで大丈夫かと思ったんですが、太陽の下でも煙いガレージロック鳴り響かしてました
けど、炎天下のでかいステージだと音も絵的にも二人きりの密室感が出ないのは否めないなーと思い数曲聴いてレッドへGO


WARPAINTは女4人のバンドとは思えないくらい不機嫌な音鳴らしてておお!と思ったんですが、なんか盛り上がりきらない内に終わりました
この動画とか見てもカッコイイなあって思うのになあ、中途半端に気取ってる具合がイマイチ好きになれないのかもしれないですが

----------------------------------------------

エネルギー補充してMO'SOME TONEBENDER


モーサムは物凄く好きな日本のロックだったんですが、個人的にロッキンルーラ辺りからのロックンロールモードとか、その後数作のあれこれ模索してるモードが好みじゃなかったんです
でもここ最近ドラムにサポート入れてイサムがギター弾いたりはっちゃけてると聞いてまた観たいなーと思ってたんですが、これがヤケクソのようなジャンク感溢れててあんま聴いてない曲でも乗せられる勢いがついてて大興奮
音は相変わらずの歪んだ音がぶつかり合ってグッチャグチャなんですが、イサムがギター鳴らしたりドラム叩いたりのお陰で音に厚みが…というよりグシャグシャにひしゃげてとても下品な渦になってて巻き込まれずにはいられない
デカい祭団扇振り回したりライトセーバー振ったりといつも通りのタケイさんのエンターテイナーっぷりに加え、イサムがギター弾いたと思ったらパッドやシンバルやドラムも叩いて手持ち無沙汰になったら取りあえず踊ってと、視覚的にもあんたら何歳だよと突っ込みたくなる程のはっちゃけっぷりで、一気に惚れ直しました
最後はフジロックの曲である大好きなGreen & Goldでシメ。緩急と音の厚みが増してて、モッシュピッドが凄いことになって、数年ぶりに飛びました


----------------------------------------------

モーサムで体力使い果たしたので、ゴミ袋敷いてFEEDERを聞きながらうたた寝しました。その所為でINORAN出てきたの見逃した…

ひと休みしたのでeastern youthを観にホワイトへ


派手さはないけど複雑なことをやってる強靭なリズム体に乗せて吉野さんのジャッキジャキのギターが斬り込んできてこの絶唱、盛り上がらないわけがない
不器用なように見えるけど無駄なものを一切そぎ落として行った結果のこのスタイルをずっと貫いてるので、ここまでの説得力を持つのかなと
熱血!渾身!入魂!といった単語がこれほどまでに似合う漢は吉野さんしかいねえ!と思わせるくらい熱のこもったステージでした、心底格好いい
スクリーンはずっと吉野さんを顔中心に追ってて欲しい

----------------------------------------------

ハードコアな流れでenvyに

着いた早々左手をやってくれて一気に血が上る!
今年のフジでようやく腹に響く重低音が来てテンションをかちあげてきてくれるし、ステージ上で爆発する様子やアクションがもうホントカッコイイんですが、相変わらずポスト系の音作りは個人的に食傷気味なのでどんどん冷めてきてしまいましてん…
個人的な好みで悪いんだけど、冗長にしか感じられないんだよなーENVYとかMOGWAIのような音の空間が
あ、ルナシーのカバーはウレシカッターネ

YMO


グリーンのわりと変な位置にいたけど、流石に音作りが上手くて綺麗な丸い音がしてました
曲に関しては実は殆ど聴いてないのでなんとも言えないんですが、知らない曲が淡々と流れていくけど、耳を凝らすと演奏の妙というか年季が入ってるだけあるなと。やっぱ無駄がないというか、一つ一つのフレーズやつなぎもしっかりしてるんですよね
集中するのにも疲れてきたし、アタリも有ったので最後の数曲残して離脱したんですが、そこでライディーンとかの有名曲やったらしく、失敗しましたね。なんだかんだ知ってる曲は聴きたいんですよ
そういえばギターが小山田圭吾なんですね、最初気づかなくてやたらいい音出してるなーと思ったんですが、そりゃいい音出すよねっていう、フィルターエフェクトかけてのソロが見事でした


----------------------------------------------

去年のサマソニで観たATARI TEENAGE RIOTは本当に凄かったので、楽しみにしてきたんですが、何で開演前なのにこんな盛り上がってんの?


照明が落ちてもないのに旗が靡いて歓声が鳴り響いて、始まる前からみんなテンションMAXでなんなのこれは状態
SEがアタリ選曲っぽくなったら大歓声!暗転して大歓声!メンバー出てきて大歓声!そして大爆発!!!!!!111!!!!!11!!!1!!!111!!!!!!!!!!!111
よく分かんねーけど楽曲は旧型であろうハードコアテクノなのに、アレック兄やん初めメンバー三人が煽る煽る!サンプラーやらリズムマシンやらを弄って乱打してまさに混沌!
観客の盛り上がりも正直物凄いものがあって、ずっと狂ったように踊っていたかったんですが、後ろ髪を引きちぎられる想いを抱え急ぎ足でホワイトへ…

----------------------------------------------

CAKEの洒脱で大人なアメリカンロックを楽しんだ後、転換の際にできるだけ前へ
ステージ左手側前から数列目につけ、じっと待つこと数十分、今回のフジロックの一番の目当てのWILCO…



数年前ライブアルバムのKicking Televisionで好きになってからずっと観たかったWILCOをやっと観たのが去年の来日の際で、本当に最高のライブでこれフジでも観たいと思ったら今回の来日でして、正直ウィルコのためにフジに来たような物だったのでした
スタジオアルバムの作り込みも好きなのですが、ライブでの演奏力の高さやステージングの映え方が凄いんですよね
今回は特にギターのNels Clineのプレイを間近で観たかったのでネルス前にポジション取ってギターキッズになったつもりで手元足元の挙動ガン見したり立ち振る舞いに感動したりしてました。絵になるんですよねこのおっさん


ネルスはフリー/アヴァンジャズ畑のギタリストで、不穏なノイズやらインプロやらをやらせたら一級品なんですが、Via ChicagoやI Am Trying To Break Your Heartなどの実験音響な音を上手いこと融和させてる曲のあの雰囲気を、エフェクターを手足使っていじり倒したり、ギターをヤスリのような棒使って引っかき倒したりするなどして、ライブでも出しまくれるし、Handshake DrugやImpossible Germanyなどのギターソロがメインの曲では期待以上のどえらいソロを聴かせてくれるしといった極上の飛び道具要因なのですね

映像見たら分かるとおり、曲にもよりますが基本が相当弾きまくりなので喧しく感じる人の声も分かりますが、ネルスの自己主張の強いギターも曲によってはglenn kotcheを中心として他のメンバーが相当好き勝手やらかしてる所もそれらがWILCOの根幹であるjeff tweedyのおおらかさを感じる歌や曲の構造を殺さず共生している所が私はこのバンドの一番の魅力なんじゃないかなーとそれにJesus,Etcの様なシンプルなメロディが生きる曲や渋さや円熟味感じる曲とかだとちゃんと裏方にも徹してるし職人的だよなーとも
ライブ観てると感じざるを得ないのですが、メンバーが皆楽しんでるんですよね。所々で顔見合わせて笑い合ってて雰囲気の良さが伝わってくるし、それぞれの演奏の腕も凄いので演奏の強度がとてもしっかりしてましたね

前半は派手さだったり見せどころのある曲を、後半はシンプルさを曲を中心に集めたセットリストで大体100分、あっという間に終わってしまいました
そろそろ出る新譜も非常に楽しみだ…

何処かで拾ったセトリ
1.I Might (new song)
2.Bull Black Nova
3.Side With the Seeds
4.I Am Trying to Break Your Heart
5.One Wing
6.Ashes of American Flags
7.War on War
8.Via Chicago
9.Impossible Germany
10.Born Alone (new song)
11.Handshake Drugs
12.Jesus Etc.
13.Dawned on Me (new song)
14.Shot in the Arm
15.Heavy Metal Drummer
16.I’m the Man Who Loves You
17.Late Greats
18.Red Eyed and Blue / I Got You (At the End of the Century)
19.Outtasite (Outta Mind)
20.I’m a Wheel



----------------------------------------------

感無量のままグリーンまで戻り、最後のTHE MUSICを観たんですが、コイツら想像以上に骨太で凄かったですね。後ろの方で観てたのですが、前の方でもっとでかい音量で観たかった
ウィルコで気が抜けてたので正直覚えてないんですが、何だかんだ私らの世代だと00年代ニューロックど真ん中でコイツらの人気凄かったし、好きな曲もちょこちょこ有るし、ライブも想像以上だったのでなんだか惜しい気持ちになって来たところでThe Peopleで終了。さすがにちょこっと感慨深い思いがしましたね

----------------------------------------------

同行者の仕事の都合上、THE MUSIC終わったら即準備してくるまで家路に
場内1の駐車場が混んでたり送迎バスが詰まってたりで駐車場抜けるまでに1時間近くかかりましたが、朝方帰宅して今年のフジロックは終りを告げました

----------------------------------------------

行く前はいつものフジロックブルーだったり何だかんだめんどくさかったりしましたが、やっぱ行けば楽しめるので良いですね、手のひら返し楽しい!
それなりに小慣れてきたし対策もしてるのでフジロックちょろいですね、コミケの方が辛かった…直射日光に人の密集度に暑さに湿気に不快度すごい…

ベストアクトは勿論ウィルコ、ベストめしは湘南御飯
来年もメンツが良かったら行きたいですね、あと仕事の都合が合えば
仕事してんのかな?仕事してるといいな。働きたいな。いや、収入がほしいな
雇用ください

スポンサーサイト

2011-08-16 : LIVE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

46252

Author:46252
about me

46252's Profile Page






ランキングチェッカー

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。